異性を魅了する心理テクニック

異性を魅了する
心理テクニック
異性を魅了する
心理テクニック
第2段階
異性を魅了する
心理テクニック
第3段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第4段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第5段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第6段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第7段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第8段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第9段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第10段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第11段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第12段階







異性を魅了する心理テクニック 第8段階
【即実践可能!】女性心理操作テクニック
たわいもない話の場合、話がとぎれてしまいがちです。
そのようなときのための会話の続け方をご紹介します。

まずは、相手が話していて
あなたが聞き役になっている場合です。
相手が話していてその後途切れてしまった場合、
まず相手の話した内容の中にある単語を見つけます。

その後その単語について話をします。
わかりにくいので例を挙げて説明してみます。

例えば相手が
「昨日上司に叱られてしまいました。」
といった場合、会話中にある単語は
「昨日」「上司」「叱られた」が挙げられます。



この三つで文が成り立っています。
ですからこの三つの単語のうち
どれかについて聞き返してみればよいのです。

例えば「上司に?」や「叱られちゃったの?」
などのように返すとスムーズに会話がつながります。

単純に「そうなの?」というような感じでもよいでしょう。
このような言葉をかけるだけで相手はその続きを話すようになります。

ここで「あの上司はいつもそうで私があの人を許せない」
なんて言ってしまったら、自分主体の会話になってしまい、
相手は口数が減ってしまいます。

つまり、なるべく相手に話してもらうための会話法なのです。
このようなシンプルな方法で話は続くものなのです。