異性を魅了する心理テクニック

異性を魅了する
心理テクニック
異性を魅了する
心理テクニック
第2段階
異性を魅了する
心理テクニック
第3段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第4段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第5段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第6段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第7段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第8段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第9段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第10段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第11段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第12段階







異性を魅了する心理テクニック 第7段階
【即実践可能!】女性心理操作テクニック
異性を魅了する心理テクニック 第7段階

話を聞くことの大切さはわかってもらえたでしょうか?
もちろん会話ですので、話すことも必要になってきます。
今回は話す内容についてご紹介します。

よくある間違いでは、話のネタとして
人の悪口などを言ってしまう事が挙げられます。
意外と自分では自覚できないことですので、
気をつけてみるといいでしょう。

人間は良いことよりも悪いことに目がいきがちです。
その逆で良いこと、
プラスの内容を中心に話をして見ましょう。




「うれしい、楽しい、面白い、」のような
肯定的な内容の話にすれば相手は不快になることはありません。
但し自慢話のような類は
良くないことは既にお分かりかと思います。

また、それだけではなくいきなり深い話はしてはいけません。
ダメな例として、服屋や美容院などがあげられます。
会話が下手な人は初めて会うのにも関わらず、
名前や住んでいる場所、仕事など、
プライベートな内容を聞いてしまいがちです。

これらの内容は自己紹介などで
自発的に発する場合などではいいのですが、
下手な人ほどこのようなプライベートなことをきいてしまいます。

また特に男性の方に注意しておきたい事があります。
いきなり女性の方に「髪がきれいだね」
などのような身体的なことを触れるのもタブーです。

男性よりも女性のほうが警戒心が強く、
いきなり身体的なことについて言われると、
それがたとえほめ言葉であっても
いやらしく聞こえてしまい、相手は警戒してしまいます。

ですから最初はなるべく外から攻めます。
たわいもないようなことでも結構です。
では会話を続かせるにはどうすればよいでしょうか?