異性を魅了する心理テクニック

異性を魅了する
心理テクニック
異性を魅了する
心理テクニック
第2段階
異性を魅了する
心理テクニック
第3段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第4段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第5段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第6段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第7段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第8段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第9段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第10段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第11段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第12段階







異性を魅了する心理テクニック 第2段階
【即実践可能!】女性心理操作テクニック
では、逆のパターンを考えて見ましょう。
一度も話をしたことがないけれど、
毎日顔を合わせている人はいませんか?
先ほど例に出したコンビニの店員さんや、
会社関係の人、駅員さんなど。

何気なく、いつも見かけているだけなのに
なんとなく好意を持っていませんか?
好意というと大げさに感じられてしまいますね。
なんとなく人間味を感じる、
という表現のほうがしっくり来るかもしれません。

「いつもの店員さん、今日はいつもと比べて元気ないな」
などのように気になることはありませんか?

このようにまずは相手に人間味を
感じてもらう事が重要なのです。
いきなり初対面の人にアプローチ
されても不信感を感じてしまいます。




また、他の例として車やブランド物など、
高いものを買う場合も考えて見ましょう。
よほどのお金持ちでない限り、
初めて見た時点で買うことはないと思います。

何回かの接触があり、欲しい気持ちが高まって
最終的に購入する場合が多いはずです。

初対面の人に告白されて付き合うケースもほとんどないでしょう。
もちろん、いきなり付き合う場合も存在しますが、
たいていは何回かあった後で付き合う場合がほとんどです。

ですので、気になる異性に好意を持ってもらいたい場合には、
すぐに結果を求めるのではなく、
相手にとって自分のことをなじみのある
人間に思ってもらうことからはじめます。

はじめから白黒を決めがちなのはよくわかりますが、
(特に若いときは)できれば毎日、
それが無理でもなるべく多く接触回数を増やしてください。