異性を魅了する心理テクニック

異性を魅了する
心理テクニック
異性を魅了する
心理テクニック
第2段階
異性を魅了する
心理テクニック
第3段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第4段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第5段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第6段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第7段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第8段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第9段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第10段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第11段階
異性を魅了する
心理テクニック 
第12段階







異性を魅了する心理テクニック 第10段階
【即実践可能!】女性心理操作テクニック
今回は会話時のテクニックをさらに紹介していこうと思います。

それは、相手を真似する、ということです。

具体的に言いますと、相手のしぐさや表情、
声のトーン、話し方、呼吸、服装など、
なるべくいろんなところを真似します。

ただ注意があります。
あからさまに相手にまねしている事がわかると
不快感を与えてしまいます。
その点だけは注意してください。

相手に気づかれない程度のマネが最も良いバランスです。
気持ち、相手に近づける、程度でもいいかもしれません。

例えば相手が足を組んだら自分も組む、
相手が珈琲を注文するなら自分も珈琲を注文する、
相手が元気なときは自分も
元気になるなど、相手に合わせるのです。




もちろん先ほど述べたように
あからさまにならないように注意しましょう。

そうすると、相手は心地よく感じる事ができます。

逆に考えてみてください。
自分が仕事で疲れて寝たいのに、
友達から電話がかかってきて元気いっぱいで
大きな声でしゃべってきたら、いらいらしませんか?(笑)

このとき元立ちの声のトーンが寝る前の
静かで落ち着いたトーンなら、かなり違ってきませんか?

このような例を参考に、なるべく相手に
合わせることを考えてみてください。
相すればきっとあなたといる事が
心地よくなり好感を覚えるようになるでしょう。